104-0061東京都中央区銀座1-27-12 電話 03-3566-0086 FAX 03-3566-0089
Toggle

Page : 2

令和3年度第6回運転地理検定実施の件

令和3年度第6回運転地理検定実施の件

3月6日(日)白鶴銀座スタイル(白鶴酒造会議室)にて、令和3年度第6回運転地理検定が実施されました。 新型コロナ感染防止対策の為に、会場を広く取り、受検者の皆様へ検温やマスクの着用・手指消毒にご協力いただいての実施となりました。 次回令和4年度第1回運転地理検定が令和4年4月9(土)日本印刷会館で実施予定です。
令和3年度第5回運転地理検定実施の件

令和3年度第5回運転地理検定実施の件

1月15日(土)日本印刷会館にて、令和3年度第5回運転地理検定試験が実施されました。 新型コロナ感染防止対策の為に、会場を広く取り、換気や机・椅子等の消毒徹底と、受検者の皆様へ検温やマスクの着用・手指消毒をお願いしての実施となりました。 次回令和3年度第6回運転地理検定が令和4年3月6(日)白鶴酒造会議室(白鶴銀座スタ…
「多摩川スカイブリッジ」が開通

「多摩川スカイブリッジ」が開通

東京都と川崎市が共同で整備を進めている羽田空港(羽田グローバルウイングズ)と川崎市殿町(キングスカイフロント)をつなぐ新しい橋「多摩川スカイブリッジ」が、下記の通り開通予定です。(路線名 東京都市計画道路補助線街路第333号線及び環状第8号線) これにより、羽田空港周辺地域と京浜臨海部が結ばれ、両地区の連携によるヒト・…
首都圏で初めて、東関東道の一部で最高速度110km/hに

首都圏で初めて、東関東道の一部で最高速度110km/hに

 千葉県警察本部では東関東道の一部区間で12月1日(水)より最高速度を100km/hから110km/hに引き上げると発表しました。 区間は東関東自動車道水戸線の四街道IC付近~成田JCT付近間の上り線およそ20キロ、下り線およそ18.5キロの片側3車線の区間です。対象となるのは普通車など法定の最高速度が100km/hと…
『車線キープグリーンライン』E17関越道に登場

『車線キープグリーンライン』E17関越道に登場

出典:NEXCO東日本  E17関越道下り東松山IC先40.5キロポスト(以下kp)より43.5kp迄約3kmの第一走行車線に緑色のラインが引かれております。  これは2021年7月より設置された「車線キープグリーンライン」です。NEXCO東日本によるとキープレフトの促進による渋滞予防やICからの流入車を正しい進行方向…
東京都市計画道路補助第26号線「豊トンネル」「ふたばトンネル 」開通

東京都市計画道路補助第26号線「豊トンネル」「ふたばトンネル 」開通

出典:東京都  2021年10月22日(金)11:00に東京都市計画道路補助第26号線の品川区豊町二丁目~同二葉一丁目が開通しました。戸越方面よりこの度開通の「豊トンネル」「ふたばトンネル」を経由し下神明駅付近に至る約670mの区間で開通部は幅員8.0~9.5mの2車線、JR横須賀線・湘南新宿ライン・東海道新幹線及び東…
令和3年度第4回運転地理検定実施の件

令和3年度第4回運転地理検定実施の件

10月23日(土)日本印刷会館にて、令和3年度第4回運転地理検定試験が実施されました。 新型コロナ感染防止対策の為に、会場を広く取り、換気や机・椅子等の消毒徹底と、受検者の皆様へ検温やマスクの着用・手指消毒をお願いしての実施となりました。 次回は、令和4年1月15日(土)会場は同じく日本印刷会館にて実施予定です。
令和3年度第3回運転地理検定実施の件

令和3年度第3回運転地理検定実施の件

8月21日(土)日本印刷会館にて、令和3年度第3回運転地理検定試験が実施されました。 新型コロナ感染防止対策の為に、換気や机・椅子等の消毒徹底と、受検者の皆様へ検温やマスクの着用・手指消毒をお願いしての実施となりました。 次回は、10月23日(土)会場は同じく日本印刷会館にて実施予定です。
多摩川に架かる新橋梁を「多摩川スカイブリッジ」に決定

多摩川に架かる新橋梁を「多摩川スカイブリッジ」に決定

羽田空港(羽田グローバルウイングズ)と川崎市殿町(キングスカイフロント)間を羽田連絡道路として建設中のこの橋は長さ675m、多摩川の河口から1番目、世界との玄関口である羽田空港の目の前にかかる橋であり、国際競争力の強化に向け、羽田空港周辺地域及び京浜臨海部の連携を強化し、多摩川両岸の成長戦略拠点の形成を支えるインフラ事…
伊豆スカイラインの無料開放

伊豆スカイラインの無料開放

静岡県道路公社はオリンピック期間中の7月23日(金)~8月8日(日)までで、半島の東側の海沿いを行く国道135号線、並びに西側を平行する伊豆縦貫道路・国道136号線が大会関係者や観客の移動により混雑が予想されることから、迂回を促す目的で伊豆スカイラインを無料開放することになりました。  料金所では必ず一旦停止の上、行先…
Return Top